一級建築士事務所貝塚工務店

パッシブハウス(自立循環型住宅)

パッシブハウス(自立循環型住宅)をすすめる理由

私たち貝塚工務店がお届けする【高耐震・高気密・高断熱】の木造住宅は、最新のテクノロジーと木の良さを融合させることで「快適・省エネ・健康」を実現する「パッシブハウス(自立循環型住宅)」です。

自然風や日射熱などの自然エネルギーを積極的に取り入れ、熱遮断対策を講じた上で省エネ設備技術を適時適所で利用して室内環境の調整を図るパッシブハウス(自立循環型住宅)。私たちの家づくりは、実際に家を建てる地域の1年間を通じた気温や風向きなどをピンポイントで把握し、季節ごとに流れる風を計画的に取り込む間取りや、夏と冬の日差しを使い分けた庇の計画など、立地条件と住まい方に応じて、極力自然エネルギーを活用する「プランづくり」から始まります。

冬暖かく、夏を涼しく過ごす。春・夏・秋・冬、一年中を通して家族全員が笑顔で暮らせる家。そんな健康・快適な家づくりを実現する、高気密・高断熱のパッシブハウス(自立循環型住宅)は「快適性」「省エネルギー」「健康的」「耐久性」という4つの要素で家族の暮らしを守ります。

【パッシブハウス(自立循環型住宅)イメージ】

パッシブハウス(自立循環型住宅)イメージ

貝塚工務店では、多くのメリットをもたらす、高気密・高断熱の家づくりをさらに充実したものとするために独自の基本仕様を設定。高い住宅性能を発揮します。

耐久性と熱反射性に優れた【ガルバリウム鋼板屋根】、冬は熱を逃さず、夏は熱の侵入を防ぐ【断熱樹脂サッシ】、断熱仕様K2、寒冷地対応の【断熱玄関ドア】、「屋根→エアライトフォーム」「壁→ロックウール」「基礎→硬質ウレタンフォーム」と、それぞれの用途に最適の【高断熱仕様の断熱材】。そして、仕様の全てが「住まいの快適」のために確実に機能する証として【全棟気密測定実施(C値)】住まいの安心を確保。エアコン1台で床下から家の中を快適空間に保つ【床下エアコン】も高断熱・高気密の家だからこそ。

貝塚工務店は、さまざまな高性能を標準装備して、「快適・省エネ・健康」 を実現する家づくりと、家族の暮らしを応援します。

  • パッシブハウス(自立循環型住宅)

    風や日差し、自然のエネルギーを味方にする。
    自立循環型住宅。

    地球環境への負荷をかけない住まいづくりが求められる中、注目を集めている「パッシブハウス(自立循環型住宅)」という住まいづくり。

    「パッシブハウス(自立循環型住宅)」とは、自然風や日射熱などの自然エネルギーを積極的に取り入れて活用し、居住時のエネルギー消費量の削減を実現する住宅のことで、現在、実用化されている技術(設備機器・家電機器)や一般的な手法(通風や採光などの自然エネルギーの活用)を組み合わせることで実現が可能な住宅です。

    環境への配慮から我慢を強いるものではなく、居住性や機能性に加え、快適性の向上もめざすことを大きな特徴としていて、特殊な技術や新しい技術を取り入れる必要がないので、今すぐに取り入れることができるというメリットがあります。

  • 北海道・東北地方の基準に準拠

    「快適・省エネ・健康」を叶える住宅性能。

    最新のテクノロジーと木の良さを融合してお届けする、貝塚工務店の木造住宅は、高気密・高断熱の家づくりに独自の基本仕様を設定、安定した高機能・高水準の施工で、冬暖かく、夏を涼しく過ごす、一年中「快適・省エネ・健康」を叶えるべく、基本仕様の装備で、断熱性能は北海道・東北地方並み。

  • 断熱材(屋根・壁・基礎)

    高い耐久性と快適性の要。
    温度変化が少なく、結露・カビの発生を抑える家。

    高気密・高断熱で「快適・省エネ・健康」を叶える貝塚工務店の木造住宅は、屋根・壁・基礎、それぞれに最も適した断熱処理をおこない、高い断熱性能を確保するとともに、結露やカビの発生を抑え、家自体の耐久性も確保します。

    【断熱材の種類と特徴】

    屋 根:

    エアライトフォーム→気密性に優れた高断熱材を吹き付け。高密度で微細な発泡(マイクロセル構造)が優れた断熱性能を発揮。経年変化に強い。優れた気密性と防湿性で結露とカビをシャットアウト。地球に優しいノンフロンタイプ。シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドを含みません。高い吸音・遮音性能で静か。

    壁:

    ロックウール→省エネ先進国であり、寒さの厳しい北欧の国々で、スタンダードな住宅用断熱材として使われているロックウール。その断熱性能や安全性は、高く評価されています。また、住宅のみならず、工場やビルの保温材、防火材、防音材などにも幅広く使用されている信頼の高性能素材。

    基 礎:

    硬質ウレタンフォーム→冷蔵庫や保冷ボックスなどでも使われている高断熱材。独立した微細な気泡の中に熱伝導率が極めて小さいガスが閉じ込められていて、長期に亘って他に類を見ない優れた断熱性能を維持する。複雑な形状の構造物に対しても隙間の無い連続した断熱層を作ることができる。

  • 断熱樹脂サッシ

    冬は熱を逃がさない。夏は熱を入れない。
    高性能の断熱樹脂サッシ。

    家の中で一番熱の出入りが多い場所は「窓」です。

    貝塚工務店では「快適・省エネ・健康」をテーマに、さまざまな角度から窓の機能を検証。断熱性の高いガス入り「Low-Eガラス」と、現行の窓製品のラインナップの中で最も断熱性の高い「樹脂製の枠と框」の組み合わせを標準装備として採用。住まいの快適性能を高めるとともに、光熱費を節約する省エネ&経済性能を発揮します。

    【断熱樹脂サッシの性能】

    • Low-E複層ガラス→放射熱を反射する特殊金属膜をコーティング。
    • 16㎜のアルゴンガス入り中空層→空気より30%低い熱伝導率。
    • 樹脂製の枠と框→アルミの1,000分の1の熱伝導率。
  • 床下エアコン

    頭寒足熱を叶える床下エアコン。

    1台のエアコンで快適空間づくりを可能にする「床下エアコン」は、基礎断熱を施した床下にエアコンの温風を送って床面を暖めるのと、床面に設けたスリットを通じて室内にも温風を循環させる暖房方法です。通常の壁掛けのエアコンと比べて、高い快適性が得られるのが特徴です。また、無垢のフローリングとの相性も良く、素足でも快適に過ごすことができます。 しっかりと気密・断熱が施された「木の家」+「床下エアコン」の組み合わせは、蓄熱暖房機やシート式床下暖房などの暖房器具と比べ、圧倒的な省電力と廉価な設備投資で、頭寒足熱を叶える空気式床暖房システムを構築することができます。

  • 電磁波対策オールアースの住まい

    電磁波の影響を最小限に抑え、
    限りなく自然に近い環境の創造を目指す。

    スウェーデンには、世界一厳しい電磁波のガイドラインがあり、ドイツにはバウビオロギー(建築生物学)という概念があり、「空気」「熱環境」「湿気」についで「電磁波」を挙げ、住まいの「4つの環境要素」としています。そこではスウェーデンのガイドラインよりも基準の範囲が狭く、寝室に限定した規定も設けられています。

    一方、日本では現在のところ、現実的な規制値もない状態で旧来の認識のまま電磁波と相対峙している状況です。ヨーロッパ諸国よりも身体に負担がかかる電気環境にあると考えられる日本において、電磁波の影響を受けないためにはどうすればいいのか?

    その答えは「オールアース®」の技術に凝縮されています。

    【オールアースの技術】

    • スウェーデンの電磁波規制ガイドラインMPR-Ⅱに準拠。
    • 電磁波測定士の有資格者による現場指導、中間測定、竣工測定。
    • 単独で接地抵抗は50Ω以下を基準とした専用アース。
    • 施工箇所は長くいる場所、直接触れ続ける場所に限定。
    • 引き込み点の位置の確認を必ずおこなう。
    • 内線規定に基づき、場所と用途を踏まえた接地端子(接地局)付コンセントを活用。
    • 床暖房について、電磁波という視点から適切なアドバイスをおこないます。
    • IHクッキングヒーターについて、導入機種を事前に確認、適切なアドバイスをおこないます。
    • 近隣の送電線や電柱の位置関係についても把握、適切なアドバイスをおこないます。
パッシブハウス(自立循環型住宅)
パッシブハウス(自立循環型住宅)
貝塚工務店がお届けする【高耐震・高気密・高断熱】の木造住宅は、最新のテクノロジーと木の良さが融合した「快適・省エネ・健康」をすべて叶える「パッシブハウス(自立循環型住宅)」です。
木造住宅の魅力
木造住宅の魅力
「木」は住まいをやさしく包みます。鉄骨やRCと比べてみても住み心地の違いは明らか。「木の良さ」知り尽くした貝塚工務店が「木造住宅の魅力」をご案内いたします。
構造・工法
構造・工法
全棟で構造計算(許容応力度計算)を実施し、耐震等級3を標準仕様。
安全性を確保して、こだわりの設計プランに対応できる「木造NK工法」を採用。